ストームグラスを使用し天気予報すること

 
    ストームグラスが考案された頃は、天気予報と道具とされていました。19世紀においては難題であった将来数日間の天気予報すべきものでした。
  
    実際、特にイギリスではストームグラスは相当な人気がありました。なぜなら、イギリスの海軍軍人フィッツロイ艦長はストームグラスを奨励していたからです。彼は以下のようにグラスでの出来事と実際の天気との関係について記述しました。
 
艦長は説明しています:

    「大気の流れが北方向になると、グラスの中を顕微鏡で覗くと科学的混合物は松、イチイ、シダーの型と似たものは体積が大きくなります。ただし、風や大気の大きな塊が逆方向からの時は結晶の形状は少しずつ柔らかくなり、縮み最後には消えてなくなります。南の風が吹く時や吹き始める前には混合物は少しずつ底の方に溶け最後に砂糖のように完全に形状が崩れます。

 

ストームグラスを研究中のロバーット・フィッツロイ

 

 

    19世紀半ばに出版された「フィッツロイ艦長の実用気象学」という本の中に以下のような文があります。ストームグラス、つまり嵐のグラスは当時とても注目の的でした。なぜなら当時、天気予報することは経験の下で行われましたが、ストームグラスの使用によりある程度不正確さがありましたが、艦長は風の強さを分かるようにはならなかった為、明らかに満足できませんでした。

 

    「アンプルの中の科学的な混合物は風の強さではなく、風の方向により変化しました。ただし風の強さにより変化する時もありますが、その原因は電子力でした。」

 

    忘れさられた情報元を見てみましょう。1885年にデレニウスはモスクワ「3万の最新発明、製法、実際に役立つ発見や当時の研究…」という本でストームグラスの中の混合物の形状だけではなくフィッツロイ艦長自身も考えたような天気変化によるアンプルの中の変化との関係性も記述された。

 

「透明の液体は晴れ、濁った液体は雨を予報する。

小さい星型の濁った液体は嵐。

ドットは霧や肌寒い天気

冬に大きい結晶は雪、夏に曇った空や重い空気

液体の上部にある糸は風

結晶は濃い空気、霜と寒さ

冬に晴れの天気の時は小さい星が明日か明後日の日に雪が降ると予報。

結晶が上部に増加すればするほど寒くなる。」

   
    形状はロバーット・フィッツロイ艦長と協力し発表したか、公表されていないノートの下で作製したかは未だ不明です…
 
    1859年、イギリス諸島が非常に強い嵐に襲われた時に王室は「ロバーット・フィッツロイの嵐バロメーター」として知られていたストームグラスをイギリス周辺にある小さな島々に住んでいる漁師達に提供しました。これらのストームグラスは天気予報の道具として船が出港前に必要な情報を伝えるために使用するべきでした。

 

    人々はグラスの中での様子を考慮し天気予報してました。「何もないところ」から出現した様々な結晶形状を発見することができました。しかし、グラスの中は何も変化もしない日もありました。これらの出来事で人々はいろいろ思案しグラスの変化と将来の天気との関係性を考え…それにより天気を「予報」することはできました…
 

    その当時から200年経ちましたが、状態は変わっていません。相変わらず多くの人々はグラスを使用し天気予報することができると信じています。彼らはグラスの中の様子に対して最も影響を与えるのが周辺の温度ということを理解していません。これらの変化はもちろん天気の変化と関係がありますが、それで将来の天気予報できるとは思ってはいけません。

 

    グラスの中の変化でいわゆる「温度の履歴」を確認できます…グラスの中の最後の様子と比較すれば、新しい結晶形状ができた場合は最後の数時間もしくは数日間の間に温度が下がったと言えます。もし結晶形状が少しずつ減り溶け始めれば温度が上がった証拠になります。これは簡単に言えば「ストームグラスの中の結晶の模様形状」という2008年にJournal of Crystal Growthという雑誌に投稿された日本人研究者によって執筆された論文の結果と一致します。

 

    とはいえ、このグラスが不思議でしょうがないということや実際に天気予報するにこのグラスを使用した人々が存在していたと考慮しなければなりません。今まで述べられたフィッツロイ艦長はグラスの中の変化と天気との関係を研究し、実験を顕微鏡や強力な拡大鏡を使用しながら書き留めていました。よって顕微鏡を使用すれば目では気付かない将来の天気と関係があるかもしれない変化を観察できるかもしれません。

 

    顕微鏡でしか様子を伺えない変化を考慮すると、このグラスの使用により天気予報するのはどういうことなのかより理解できるかもしれません。