AP-3シリーズ 物理用装置

    AP-3シリーズでは2〜3つのアンプルの種類の組み合せを基本とするストームグラスを紹介しています。全てのアンプルは接続し、中から通すことができます。このデザインは古代の物理・化学用の器具を想像させます。。

 

AP-3/1

    AP-3/1ではU型のパイプで接続されたシリンダー型と丸型のアンプルから成り立っています。

    画像で紹介されているモデルのシリンダー型、径は22㎜、高さは90㎜です。丸型アンプルの径は40㎜です。ストームグラスの高さは110㎜、全高さは200㎜です。

 

 

AP-3/2

    AP-3/2ではシリンダー型と丸型のアンプルの組み合せを紹介しています。それらはアンプルが垂直に設置され、横で垂直なパイプで接続されています。

  

    画像で紹介されているモデルのシリンダー型アンプルの径は30㎜、高さは90㎜です。丸型アンプルの径は50㎜です。ストームグラスの高さは185㎜、全高さは210㎜です。

 

 

 

 AP-3/3

    AP-3/3では平滑型とシリンダー型のアンプルの組み合わせです。両アンプルはU型パイプと小さな丸い中央アンプルで接続され、その中央アンプルは同時に台座とも接続されています。

    画像で紹介されているモデルのシリンダー型アンプルの径は28㎜、高さは110㎜です。平滑アンプルの径は80㎜、中央丸型アンプルの径は30㎜です。ストームグラスの高さは135㎜、全高さは220㎜です。

 

 

 

AP-3/4

    AP-3/4では丸型、平滑型、シリンダー型アンプル、3つの種類のアンプルの組み合わせです。左にある丸型アンプルはU型パイプにより中央アンプルと接続され、右にあるシリンダー型アンプルは中央アンプルと接続されています。

    画像で紹介されているモデルの丸型アンプルの径は40㎜です。平滑型アンプルの径は60㎜、シリンダー型アンプルの径は22㎜、高さは90㎜です。ストームグラスの高さは145㎜、全高さは175㎜です。

 

 

 

 

AP-3/5

    AP-3/5では2つの丸型アンプルと1つの中央アンプルの組み合わせです。2つの丸型アンプルはそれぞれパイプでシリンダー型アンプルの横に接続し、シリンダー型アンプルの先端には小さなガラスのボールがあります。
   

    画像で紹介されているモデルの丸型アンプルの径は50㎜です。シリンダー型の径は30㎜、高さは120㎜です。シリンダーの先端にあるグラスボールの径は30㎜です。ストームグラスの高さは155㎜、全高さは205㎜です。

 

 

 

AP-3/6

    様々なアンプルの組み合わせの接続の仕方をAP-3/6の実例で見ることができます。基礎の水平滴型アンプルの先端にU型パイプでシリンダー型アンプルが組み合わせています。水平滴型アンプルの最も幅広い所で螺旋状の丸型アンプルが接続しています。この丸型アンプルと中央滴型アンプルを接続し、横パイプは非常に重要な役割を果たしています。

    画像で紹介されているモデルのシリンダー型アンプルの径は28㎜、高さは80㎜です。丸型アンプルの径は40㎜です。最も幅広い滴型アンプルの径は70㎜、長さは100㎜です。ストームグラスの高さは135㎜、全高さは205㎜です。

 

 

 

AP-3/7

    接続されていない基礎のアンプルをうまく並ばせることで物理研究室の器具を想像できるように製作しています。それは平滑型、シリンダー型、丸型アンプルの組み合わせで製作されています。それらのアンプルは実例のAP-3/7のように木製枠に設置されている真鍮パーツにあります。

    画像で紹介されているモデルの平滑型アンプルの径は80㎜、シリンダー型アンプルの高さは150㎜、径は28㎜、丸型アンプルの径は60㎜。全高さは250㎜です。